あまり知られていないいろいろな野菜の裏話

野菜と言えば、どれも栄養が豊富なイメージがありますが、実際は栄養価が高いものから低いものまで様々あります。
中でも「きゅうり」は、世界一栄養がない野菜としてギネス記録を持っている程です。
他にも、あまり知られていない野菜の話があります。

「パセリ」は、飾りとして料理に添えられることが多い野菜ですが、あまり食べられていないですよね。
でも、実は栄養がとても豊富で、中でもビタミンCや鉄分が多いので、捨てないで食べましょう。

漬物にしても、鍋に入れても美味しい「白菜」は、ビタミンC・カルシウム・カリウムをバランスよく摂取できます。
特別栄養価が高いわけではないものの、野菜の中では特に低カロリーなので、お腹いっぱい食べることができます。

レタスとキャベツはよく比較される野菜ですが、栄養面ではキャベツの圧勝です。
食物繊維やビタミンCを中心に高い含有量です。

このように野菜は種類が多い分栄養にも様々な違いがあるので、自分にはどんな野菜が必要かを考えてみてはいかがでしょうか。スーパーアルカ